矯正歯科

矯正ブラケット歯並びが悪いと、見た目がよくないだけではなく、歯みがきがしにくくてむし歯や歯周病になりやすくなったり、食物を十分にかみ砕くことができず、栄養摂取に支障をきたしたり、発音が不明瞭になったり、口臭の原因になったり、歯並びの悪さがコンプレックスになって、本来の明るい笑顔が見られなくなってしまったりするなどいろいろな問題を引き起こす可能性があります。子どものうちに矯正を行なえば期間が短くすみ、肉体的、精神的、経済的な負担が少なくて済むことがあります。また大人になってからでも、矯正をすることは可能です。 

  一口に歯並びが悪いといってもいろいろなケースがあり、それによって治療の方法、期間、かかる費用などさまざまです。お気軽にご相談ください。

当院での治療例です。            

 叢生(そうせい)
歯がでこぼこに並んでいる状態で、乱ぐい歯とも言われます。八重歯も叢生(そうせい)の一種です。あごの広さと歯の大きさのバランスが悪いため、狭いあごに歯がきれいに並ばず、でこぼこに重なりあってしまいます。                                                                                   

術前(正面)

⇒ 

術 後(正面)

術前(側方)

 

 

 

 

 術後(側方)  

 

 

叢生(そうせい)

術前(正面)

 

術後(正面)

 

術前(側方)

 

 

術後(側方)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の前歯や歯列全体が前に突き出ている状態を言います。

術前(正面)

 

術後(正面)

術前(側方)  

 

術後(側方)  

下顎前突(かがくぜんとつ)
反対咬合とも言います。下の前歯や歯列全体または下の顎が上の歯に対して前に出てしまっている状態です。

 
 

下顎前突(かがくぜんとつ)